一生懸命勉強した資格を引っさげて転職活動をやってはみたものの、全く役立たなかったという話を聞くことがあります。通信教育会社がプッシュしていることで、この資格があれば転職に有利と勘違いすることもありますが、人気がありながらも役立たない資格というのは案外多いようです。

 

持っていても案外役に立ちにくい資格

 持っている人や受講する人が多い資格である「医療事務」「介護事務」「調剤薬局事務」は、受講する人数も多い資格ですが、実務経験があればできる仕事ですので、資格を持っていても実務経験が無いとなると、面接でも落とされてしまう場合があります。

 

 事務系は実務経験を重視される傾向がありますし、スクールに通わずとも割りと簡単に取れる資格ですので、持っている人も多く競争率も高いので、未経験者は落とされてしまうのが現状です。

 

 

持っていると役立つ資格

 簡単に取れるもののなかでは「介護職員初任者研修」は、未経験でも持っていると役立つ資格です。

 

 介護職員は慢性的に不足していますので、最短では1ヶ月で取得できる資格ですし、最近の介護施設は介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を採用の必須項目に上げているところも多いので、介護業界で介護福祉士を取得したいと考えている場合には、取得しておくと良い資格です。

 

 他にはドラッグストアでの勤務歴がある場合には「登録販売者」や「社会保険労務士」「中小企業判断士」「危険物取扱者」などを持っていると、転職に役立ちます。