過去に正規社員の経験がない場合の対応

 企業側は企業にとって有益になる人を社員として歓迎する事を考慮していて、仕事の経歴の情報を参考にします。転職活動において、応募者の経歴の情報に関しては正確に伝えておく事が基本です。アルバイトなどの非正規社員しか職務の経歴がない人に対しては、昔から歓迎されない傾向でした。

 

 現在の雇用情勢において非正規社員が増えていたとしても、年齢が上の採用担当者は、応募者に対して仕事の意欲が低いと見なす場合もあります。重要な事は過去の仕事の事に関してあまり気にしないで、雇用形態に関わらず、勤労の意欲と正社員としてのやる気を明確に示す事です。

 

一貫性を見つける事が大切である

 過去にスキルのないと思われる仕事をしてきた人の場合、就職をする意識と将来の目的が定まっていない事を判断される場合が多いです。面接でやる気がある事を言葉としてアピールをしても、面接官にとって伝わらないで、空回りしている場合も多いです。応募する職種などに一貫性を見つけて、志望動機に結び付けていく事が大切です。

 

何らかの勉強などをしている事をアピールする

 言葉で就職の意志などを伝えるのではなくて、実際に会社に入社した時に役立つような勉強をしている事をアピールするのも良いです。転職に対する目標を定めて、転職が決まった後の事を鑑みながら勉強している事を伝えて、会社に貢献できる姿勢を明示します。